ブログやSNSなどインターネット上で広める手段ができてから、多くの乳がん体験者が発信するようになってきていると思うのですが、必ずしも、乳がん体験者が皆、自分の状況を人に話さなくても良いと私は思っています。

私も、自分の病気のことだけであったら、人に話したりお伝えしたりしなかったのではないか?と思います。

私は、乳がん体験者が様々な事情から伝えられないことを、先ず多くの人に知ってもらう事が重要であると感じ、その気持ちが溢れ出て止まらなくなり、そして、そのことについて周りの方がどう思うかコミュニケーションをとっていくことが大切ではないか?という思いで話していくことにしたまでなのです。

個々人の考えによって、秘匿性を大切にしたいという面も尊重するべきではないかと思っています。

2018年1月21日